2017年9月26日

平等な権利を認めること

平等な権利を認めることのどこに問題があるのでしょうか。

なぜこれほど困難なんでしょうか。

民主国家であるはずのオーストラリアですよ。平等な権利は、当然「あたりまえ」に認められるべきじゃないですか? これが法律で認められていないとしたら、政治家達がその法律を改正するべきじゃないですか? なんでそれが出来ないんだろう?

かつて、女性が男性と同じ権利を認められていない時代がありました。政治に参加することも認められていませんでした。

有色人種が様々な権利を認められていない時代もありました。

多くの不平等な法律は、少なくとも先進民主国家においては改められてきましたが、性のアイデンティティや性的嗜好に関する不平等や差別は、法律上でも続いています。

現在、同性婚合法化の是非を問う「郵便調査」が行われているオーストラリアでは、反対派の見苦しい行為も目立って来ています。落書きや、賛成派への嫌がらせや投石、様々な破壊行為。

先日は、賛成派の人が同性婚合法化大反対のネガティブキャンペーンを続けるアボット前首相に頭突きを食らわせるという事件もあったけど…。あれはフラストレーションが吹き出ちゃったんだな。暴力行為と言うのはちょっと言いすぎですけど、頭突きはしてはいけません。

それにしてもね、ホント、毎日いらいらさせられます。この「郵便調査」は、まだまだ11月まで続くのですよ。どこまで見苦しい展開になっていくのでしょうかね。

ここで、一つの画像を紹介します。友人がフェイスブックでシェアしていたものです。


「平等な婚姻の権利」を認めている国と認めない国、日本はどちらの仲間なんですか?

下は、エルトン・ジョンからオーストラリアへのメッセージ。英語が苦手な方も読んでみて。


お帰りの前に1クリックを!



0 件のコメント:

コメントを投稿