2018年10月22日

洗濯機は死なない?

洗濯機が排水しないためにスピン(脱水)が出来ず、いちいち全部手で絞って、水がボトボト滴るやつを外に物干しに干した後、洗濯機周辺に飛び散った水を拭きながら、洗濯槽に残ったままの水をどうやって取り出そうかと考えていた私。

とりあえず洗濯機が完全に死んだわけではなかったことを夫にSMSで知らせていた時、聞こえたんです。

ゴゴーーー

あれ、洗濯機が排水してる。

ゴゴーーー

ゴゴーーー

ちゃんと排水してる。

シュルルン、シュルルン、シュルルン

スピン(脱水)まで始まった。

おい〜、私はさっき大変な苦労をして洗濯物を手で絞って…



洗濯機は、正しく排水し、ちゃんとスピンして、洗濯完了の「ピーピーピー」まで鳴らしやがったのでした。

何だそれ…(泣)


仕事から帰宅した夫に事情を話すと、

「何らかの問題があることは確かだ」
「トラブルの原因を見つけて修理なり部品交換なりをすれば直せる」
「洗濯機は死なない」

との確固たる考えを持つ夫は、いつものようにYouTubeで解決方法を探し始めました。私も編み物をしながら一緒にそれらの動画を見ました。

「どうも排水ポンプ辺りにゴミか何かが詰まってる可能性が一番大きいんじゃない?」

そう言う私に、黙ってうなずく夫。

夫は、その後、排水ポンプにアクセスするパネルを開けて、排水ポンプに引っかかっていたゴミやモノを全部取り除きました。

しかしね、大した量ではなかったんですよ。

あんなちょっとのゴミで洗濯機が止まったりするのか?

クリーニングを兼ねた試し運転も問題なく終了しました。



こうして、

いつものように洗濯機を回していた翌朝のこと。

洗濯機は、またも、

排水途中でストップ!

全ての表示ライトが消え、今度はプラグを抜いても差し込んでも、何をどうしても、スイッチは入らなかったのでした。

「洗濯機は死なない」と断言する夫よ、

どうするんだ?

(結局どうなったのかは明日へ続く)


お帰りの前に1クリックを!



2018年10月21日

洗濯機は死んだのか?

オーブントースターに続いて壊れた扇風機。それに続いて、今度は洗濯機が!

一昨日の朝、洗濯は普通に終わったものの、洗濯槽や周囲に漂う悪臭に、

何かがおかしい…

とは思ったんですよ。

洗濯後に悪臭なんてしたことはないんだし。

するとですね、洗濯物にへばりついているヘドロが尋常ではないの。

最近、洗濯槽のクリーニングを怠っていたと気づいたので、洗濯物に付いたヘドロを取り除くための再すすぎをする前に、洗濯槽のクリーニングをすることにしました。

お湯を一番上のレベルまで入れて普通に洗濯槽を回します。

オーストラリアでは、キッチンやバスルームの蛇口と同様に、洗濯機も冷水と温水の両方につながっているので、注入する水の温度をいろいろセットできるのです。クリーニングの時は温水だけ入れて回すのですが、我が家の温水は結構設定温度が高めです。

温水だけ入れて回し始めると、ヘドロやゴミがたくさん取れて浮かんできました。

回転が止まり、排水が始まってしばらくしたところで、

シーン…

あれ、止まっている。

排水が完了しないからスピン(脱水)もできない。

エラーの表示もない。

ただ止まっている。

まさか壊れたか?

こういう時はグーグルです。トラブルシューティングを確認していたら、再び排水する音が聞こえてきました。

おお、始まったわ。

と思ったら再びストップ。

こういうのを延々と繰り返しているうちに、突然全ての表示ライトが消えました。どこをどう押してもスイッチが入りません。

ついに壊れたか!

このFisher & Paykel の洗濯機は、うちの息子のおむつを洗うために購入したので、購入から21年以上になるのです。21年ですよ!壊れたからと恨み言を言ってはバチが当たるか…。

がっくりと肩を落とし、夫にメッセージを送った後に思いついたのは、スイッチが入らない時の対処法の一つである「電源からプラグを抜いて電源に電気が来ているかどうかを確認する」というやつ。

そこで、卓上扇風機を持って行って電源に差し込んでみると、

ちゃんと動くじゃん!

電源には問題なし。

やっぱり洗濯機が壊れたのか。

抜いた洗濯機のプラグを、もう一度電源に差し込んでみましたらね、

ピラピラピラピラ〜

と音がして、元気一杯、全ての表示ライトが点灯しました。

壊れてないじゃん!

壊れていないどころか、洗濯機は排水をちゃんと完了したのであった。

おのれ、今までの苦労は何だったんだよ!

私は、洗濯機に悪態をつきながらも、ヘドロ除去のためにシンクで一度すすいだ洗濯物を洗濯機に投入いたしました。これが時間がかかったしシンク周りは水浸し!

洗濯機を「すすぎ」に設定して回し始めました。

「さあいよいよ排水が始まったぞ、どうなるんだろう」と、洗濯機の監視を続けるワタクシ。

突然、

シーン…

止まったよ、やっぱり!

「でもまた動き出すかもしれない」と、待つこと数分。

今度こそ、全く動き出す気配のない洗濯機。

私は、べっちょべちょになりながら洗濯物を手で絞り、大汗をかきながら腕も折れよと渾身の力で絞り、それほど頑張って絞ってもポトポトと水が滴るやつを外の物干しに干してから、水が散りまくった洗濯機周辺の掃除をしながら、洗濯槽の中に残っている水をどうやって取り出そうかと考えておりました。

ああ、長くなってきたな。

(明日に続く)


お帰りの前に1クリックを!



2018年10月20日

食後に欲しくなる甘い物

かつて、義母(夫の母親)が自慢していたのを覚えている。

「私はねえ、これまで毎晩必ず食後のデザートを作ってきたのよ。これだけは自慢できるの!」

私は、それを聞いて「日本では、晩ご飯の後にデザートを食べるという習慣はありません。果物を食べたりお茶を飲んだりはしますけど」と応えつつ、「じゃあ私も夫や子供達にデザートを作ってやらないと」などと思ったのでした。

晩ご飯を腹いっぱい食べても欲しくなる甘い物。

うちの子供達も私も、この「食後の甘い物」に対する欲求はそれほど強くないし果物で満足できたりするんですけど、毎晩必ず食後のデザートというものを食べて育ったという夫は、どうしても欲しくなるらしいんですよね。

しかし…

歳もとって、体重も3桁になって、コレステロールや心臓疾患の心配などもあるうちの夫には、もうデザートはオススメしたくないんです。

オススメしたくないんですが、先日は私自身も何か甘いものが食べたくなりまして、それもケーキ系の甘いものが。

夜の8時頃でケーキを焼くには遅すぎるし、そんなに待てないし。でも一旦ケーキが食べたいと思ったらどうしても食べたくなって。

そんな時には、

電子レンジケーキでしょう!

ということで、作ってみました。

クリームチーズが50gほど残っていたので、それにチーズケーキを作る時の材料をテキトーに混ぜて、耐熱容器に入れてチンすること2分。

出来たのは、蒸しパンのようなチーズケーキをベトベトにしたようなもの。

ところが、

美味しかったんですよ、これが!

材料の配分がよろしくなかったようです。ベトベト感をなくして、もう少しチーズケーキ味を強くしたら、十分に通用するケーキになる味でした。

レシピとしてご紹介できる出来上がりになったら、是非ウェブサイトに追加したいと思います。

直径18センチ高さ4センチほどのケーキになりましたが、あっという間にほとんど一人で食べてしまった人がいます。私ではありません。


お帰りの前に1クリックを!



2018年10月19日

週休一日と休日出勤

日本語の単語がそのまま英語の単語になる場合はいろいろありますが、大抵はその単語に相当する英語の単語がないからです。

「過労死(Karōshi)」というのもその一つ。

「Overwork Death」と言いかえることはできるのですが、長時間の残業や休みなしの勤務を強いられることで死んでしまうなんて、労働者が保護されているはずの先進国では考えられないような日本の労働環境を表現するために使われます。

脳溢血とか心臓麻痺などによる突然死はもちろんのこと、近年では、うつ病などの精神的な病気を引き起こした結果の「過労自殺」が問題になっていますよね。

うちの夫は大丈夫なんだろうか…

と、時々思います。

今週はスタッフ不足の他店舗に行っているのですが、片道1時間以上かかりますので朝の6時には家を出ます。しかし、店舗は5時半には必ず閉まるので、いくらなんでも7時頃には帰宅しますから、休息は取れているはずです。

でもね、夫の勤務する会社は基本的に週休一日という雇用契約なので、徐々に疲れが溜まってくるわけですよ。もう若くはないんだし。健康じゃないし。

そして、やっとお休みだった昨日。

私が、朝、娘を駅に送って行って帰ったら、朝寝をしているだろうと思った夫は家にいませんでした。

どこに行ったんだ?

こういう時、Mac の「Find My Friend」という機能はスグレモノですよね。iPhone を携帯している夫の現在位置が正確に分かります。

こういう機能を持ったスマートフォンアプリはいろいろあるんですが、私の骨董品的 iPhone4 は古すぎて、そうしたアプリは入れられないの。

iMac に備わっている機能の「Find My Friend」で夫がいる場所をチェックすると、通常勤めている店舗の近くにいるじゃあありませんか。

仕事に行ったのか!

唯一の休日には身体を休めないと、「過労死」にはならないだろうけど、「うつ期」が始まってしまう可能性があるぞ。夫は双極性障害2型なのでね、心身が疲れ過ぎるとそれが心配なのです。

午後になって帰宅した夫は、ユニフォーム姿でした。休みの日にもちょっと仕事に行ってくるということはよくあるけど、ユニフォームを着て行くことはないんですよ。

今週は、スタッフ不足の他店舗に行っているため、通常勤めている店舗でやっておかなくてはいけない幾つかの仕事があったからそうですが、そういうのって休日出勤しなくちゃいけないんですかね。

帰宅するなり夜まで眠った夫。

クイーンズランドのリゾートアイランド「ハミルトン島」に家族旅行(私は行かなかった)にでかけた時も、最初のうちはビーチに行っても砂の上に寝転んで寝ていたというほど、とにかく睡眠が必要になるのです。

眠ったら回復するうちは良いけど、眠らずにはいられなくなってくるというのが夫の「うつ期」の症状ですから、寝るばっかりしている夫を見ると心配になるワタクシです。

ただし、オーストラリアでは、休日を取ろうと思えば取れますし、長時間残業や休みなしの勤務を強いられるなんてことはありえませんから、ぜひ一日休みをもらって休んでほしいものです。


お帰りの前に1クリックを!



2018年10月18日

アメイジングな匂い

メルボルン大学に家から通っているうちの娘は、その日の最後の授業を6時15分に終えてからトラム、電車、バスを使って帰って来ますが、帰宅時間は7時半過ぎになります。

その頃には、相当お腹が減っているようです。

そりゃそうでしょう、我が家の晩ご飯は大抵6時頃ですからね。7時半なんて、お腹が空きすぎてペコペコどころか「お腹と背中がくっつくぞ!」状態なはず。

そんな時、電車やバスの車内で、誰かが食べ物の話などしているのが聞こえると、空腹に拍車がかかって腹が立つほどなんですって。

そんな娘にとって、帰宅したらすぐに晩ご飯が食べられるというのは、自宅通学の利点でもあります。

一昨日、晩ご飯は和食にしました。ほうれん草を茹でたのがあったので、胡麻和えにしようと思ったのがきっかけで、おかずは和風にしようと決めたのです。

胡麻和えを作った後、大根と人参と豚肉の煮物を作り始めました。たっぷりの千切り生姜と胡麻油を少し入れて煮るのが私流。甘辛味ばかりじゃいけませんので、キュウリの酢の物を作り、まだ時間があったのでニラと卵を炒めたのも作りました。ご飯が炊きあがった頃、一番に帰宅したのはナント娘!

最後の授業をサボって帰ってきたらしい。(実はサボるということでもないんです。講義の場合は、後からオンラインでその日の講義のビデオを見ることができます。)

Smells amazing!(いい匂いがする〜!)

そう言って、キッチンに駆け込んできました。

「今日は和食なのよ。醤油、砂糖、みりんよ!」
「分かってる!それって最強の組み合わせでしょ!」(娘の発言はすべて英語)
「大根の煮物には生姜も入れてるけど」
「さらに最強じゃないの!もう食べられる?」

そう言うと、お皿を取り出してあれもこれもと山盛りに乗せ(摂食障害が治ってほんとに良かった)一人でモリモリと食べ始めました。

最近は家族が晩ご飯に全員揃うことは週に2回ほどしかありませんから、別に待たなくても良いのです。

仕事や学校から帰ってきた家の中が、明るくて、暖かくて(または涼しくて)、美味しそうな匂いで満ち溢れているっていうのは、いいものですよね。

美味しそうな匂いというのはいろいろありますけど、カレーとか、揚げ物とか、肉のローストとか。しかし、砂糖、醤油、みりんに生姜という煮物の匂いはサイコーらしいです。


お帰りの前に1クリックを!