2020年10月1日

数カ月ぶりに友人に会う

新型コロナ感染拡大予防の規制が先日緩和されまして、5人までの集会が可能になり、屋外での飲食も許可されたことから、うちの夫は、仕事が休みだった昨日、友人のエクリーさん夫婦と公園で会うという計画を立てました。

計画を立てたのは男2人です。

最初はピクニックをするという計画だったらしいですが、夫が私にそれをちゃんと言わなかったために私は会うということしか知りませんでした。

当日になって、天気が悪くなりそうだったから散歩だけにしようと男2人で決めたのだそうで、私には散歩をするだけだと言いました。

でも、エクリーさん夫婦は最初の予定通りピクニックの準備をしてやって来たのです。

何も知らない私は完全な手ぶらで出かけ、エクリーさん達が食べ物飲み物(ティーカップまで)準備万端なのを見て大変恥ずかしい思いをしました。

それはともかく…

行ったのは、彼らの家と私達の家の中間にある公園です。ここならお互いに5キロ圏内です。

子供用の遊び場や屋根付きのBBQ施設なども完備されている公園で、うちの子供達が小さかった頃にはよく行きました。

行ってみると、駐車場も主要道路から駐車場までの道路も車で一杯で、車を停める場所なんて全く無くて、公園にはものすごい数の人が集まっていました。

ダメじゃんこんなに集まっちゃあ!

大混雑の公園はやめにして、近くのスポーツ公園に行きました。

遊び場もBBQ施設も無いただのスポーツ公園の方には人はほとんどいませんでした。私達はそこの駐車場でエクリーさんの車の後ろに食べ物を広げ、立ったまま食べたりおしゃべりをしたりしたわけです。

私は帽子をかぶって行くつもりだったのに、夫に急かされて慌てて出かけたので帽子を忘れてしまい、この見苦しい頭が丸見えでした。エクリーさんの奥さんは帽子かぶっていました。

美容院の話題になった時に見せてくれたのですけど、ブロンドに染めていたショートヘアは、地毛の白髪交じりの茶色い髪の毛が伸びて頭はボッサボサでした。だから、彼女にとって帽子は必需品になっているのでした。

やっぱり皆んなそうなんだ!

彼らは新型コロナのパンデミックが始まってから飼い始めた犬のデイジーを連れて来ました。ところどころに茶色の混じっている灰色のモップみたいな犬です。パンデミックが始めってから在宅ワークになっている旦那さんも、専業主婦状態の奥さんも、デイジーのおかげで毎日が楽しくてしようがないという様子でした。

羨ましいことです。

ニュースがいろいろありました。

まず、彼らがヴィーガンになったということ。彼らはここ数年ベジタリアンになっていましたが、旦那さんが畜産業界の問題や環境問題に関心が深く、ついに一切の動物食品を取るのをやめてしまったのだそうです。

奥さんの方は、我慢ができなくなって最近チーズを食べ始めたと言っていました。お料理が好きな人ですから、かつて楽しんでいた多くの料理がもうできないことを残念がっていましたが、旦那さんの方は厳格なヴィーガン生活だそうです。

通りでやせ細ってガリガリしわしわになっていたわけです。

巨大な太鼓腹が突き出たうちの夫の隣に立っていると、そのガリガリぶりが際立っていましたけど、その逆にうちの夫の肥満ぶりも際立っていたのでした。横から見ると身体の厚みが倍くらい違いましたからね。

エクリーさんの奥さんの妹さんとも私は知り合いなのですが、この新型コロナパンデミックの中、妹さんは旦那さんと別れたそうです。コロナ離婚というやつです。

エクリーさんの2人のお嬢さんは、今年は大学を休んで仕事と旅行を楽しむギャップ・イヤーにしていました。6月からは1ヶ月間日本を旅行する計画でしたが、新型コロナで海外渡航が禁止となり旅行はキャンセル。働いていたワイナリーやレストランも休業になったそうです。

上のお嬢さんは、ヤラバレーの有名なシャトー・イェリング(Chateau Yering)というホテルのエレノアズ・レストラン(Eleonore’s Restaurant)で働いていましたが、観光客の激減で経営が破綻し、この歴史的な由緒あるホテルとレストラン・カフェ及びワイナリーは、中国人に買収されたそうです。

エクリーさん夫婦に最後に会ったのは1月だったと思いますから、あれから8ヶ月にもなるのです。8ヶ月もあればいろいろなことが起きますね。

次の規制緩和が行われて、家を訪問し合えるようになったら、晩ご飯を食べに来てねと約束して別れました。和食のヴィーガン食を作ってあげたいです。

それにしても、ピクニックに手ぶらで行ったのは、ホント恥ずかしかったですよ。


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月30日

浴槽に水が溜めてある理由

私が最後にお風呂に入ったのは、日本からオーストラリアに戻って来る前の日だから、2006年3月の終わりです。それ以来、ずっとシャワーだけ。

浴槽のある家に住んだことはあるんですけどね、西洋式の浅くて寝転ばないと肩までお湯に浸かれない浴槽は、大きすぎて危険です。

私は足が浴槽の端に届かないので、うっかりバランスを崩すとツルリと滑ってブクブクブクっとお湯の中に潜ってしまいますから。

現在住んでいる家にも一応浴槽はあるんですよ。小さめの浴槽です。キッチンの床が腐って修理をすることになった時、4ヶ月もそこでお料理をするはめになった洗濯室兼おトイレ兼バスルームにあります。

私はもちろん使いませんし、夫には小さ過ぎて使えません。一度使ってみたけど、身体を小さく丸めて横にならないとお湯に浸かれないそうで、寒くて震えるそうです。

息子も娘も使いません。

その浴槽に、

一昨日から水が溜めてあるのです。

誰かが浴槽を使ったような気配はなかったのに、

誰が何のために?

水はもちろん冷たくなっているし、ごみやホコリも浮かんでいるし。

抜いておこうかと思いましたが、やめました。こういうことは、浴槽に水を溜めた人がしなくちゃあいけません。

後始末、後片付け、後掃除、こういうのをお母さんがやるものと思われちゃあ困るんです。私はしないよ!水を溜めた人にやってもらう!

ところが、ついつい家族にこのことをたずねるのを忘れるものですから、見る度に気になっておりました。

晩ご飯の時、シャワーの話になったので思い出しました。

「そう言えばねえ、浴槽に水を溜めたのは誰なの?」
「あれはカイ(息子の名前)のお尻水」
「うん、オレ…」
「お尻水?お尻を洗ってるの?あの冷たい水で?」
「使う時にはお湯を足してるよ」

えええええ!

聞いた話では、例の病気が悪化して携帯用ウォシュレットだけではキレイにできなくなっているお尻を、浴槽にためたお湯で洗っているんだとか。

使った水を繰り返し使うなよ!
使う度に流せよ!

水に手を突っ込まなくてよかったわ!
(水を抜くには手を突っ込んで栓を取らないといけないの!)


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月29日

お父さんを待つ必要なし

うちの夫の好物は肉。

最も好きなのは大きな肉の塊をローストしたやつだけど、そういうのは特別の日にしか作りません。肉中心の食事は、身体にもお財布にも地球環境にもよろしくないですからね。

ローストの次に好きなのは、塊ではないけど比較的大きな肉を焼いたやつ。ステーキとか鶏のもも肉とか。それに蒸し野菜とイモ料理を添える。これで「うわあ、今日の晩ご飯はご馳走だ!」確実なわけです。

夫の好物を作ってあげようかなと優しい気持ちになる時や、疲れて献立を考えられない時などに作ります。

昨日は、バスルームの大掃除(2時間超え)に加え、久しぶりの気合いの入った掃除機かけで疲れ果て、晩ご飯は肉を焼くことにしました。大きめの肉は鶏のもも肉しかなかったので、それを焼くことにしました。

ただ塩コショウをして焼くつもりが、結局はポルトガル風ピリピリグリルチキンを作ることにしたので肉を漬け込みました。蒸し野菜は定番のニンジン・ブロッコリ・カリフラワーの3種類、これにローストポテトです。

ポテトは最初に少し塩ゆでしてから、オリーブオイルをかけて、塩コショウしてオーブンで焼くことにしました。夫が帰宅する6時半頃に全てが出来上がるタイミングで準備していました。

Find My アプリで夫の居場所をチェックし、勤めているツールショップを出たことが分かってからオーブンを温め始めました。ポテトを焼き始めて、次に肉を焼き始め、野菜を蒸し始めて、再び夫の居場所をチェックすると、

普段通勤に使う道ではないところにいました。バーウッド(Burwood)という街のKFCのところです。

4分後、

まだバーウッドのKFCのところにいました。

地図を拡大してみると、夫がいるのはKFCの前の道路ではなくて、KFCの駐車場。

まさか…

5分後、

まだバーウッドのKFCの駐車場にいました。

KFCのチキンを食べてるな…

私は息子と娘を呼びました。

ご飯よ!
お父さんを待たなくていいから!

夫は7時過ぎて帰宅しました。商品の配達をしていたそうです。お腹が空いてたまらなくてKFCに寄ったそうです。私が作った晩ご飯はランチ用に自分で容器に詰めていました。

時々こういうことがあります。

どうして連絡してくれないんでしょうね。配達の予定が入った時点で、ちょっと遅くなると教えてくれればいいのに、連絡してくれることはありません。

だからもう、晩ご飯は夫の帰宅を待つ必要はないのです。


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月28日

規制の緩和にちょっとがっかり

予定されていた通り、新型コロナ拡大防止のための規制緩和が発表されました。

しかし、

私が期待していた、

家から5キロ圏外への買い物はまだダメ!
美容院もまだ営業再開しちゃダメ!
小学校の再開は10月12日から!

ということで、がっかりしました。

小学校の再開までもう2週間待つのはいいんですけど、美容院はOKにして欲しかったです。

このまま順調に感染者が減り続け、新規感染者数の14日間平均が5人以下となった場合、早ければ10月19日に美容院は再開できるそうです。

10月19日って3週間先ですよ…

もうね、ここまで見苦しい頭になっちゃったらね、後3週間で一体どんな風になっちゃうのか楽しみなくらいですよ、もう!

今日から適用される規制の緩和は、もちろん大変多岐にわたっていますけど、主に次のような内容です。
  • 夜間の外出禁止令は解除
  • 買い物や運動は家から5キロ圏内に限るというルールは継続
  • 2家族5人までの集会が許可
  • 託児所や保育所幼稚園が再開
  • 飲食店は持ち帰り&配達のみというのは継続
  • 小売店は引き続き生活必需品を販売する店のみ営業可能
  • 結婚式は集まる人の人数が5人までなら許可
  • 葬式は10人までなら許可
  • 買い物は1家族から2人以上が行くことが可能(これまでは1人だけだった)
  • 屋外プールは営業許可(この寒いのに…)
  • 歯科医院やほとんどの医療サービス再開
  • ペットのグルーミングサービス再開(犬猫のヘアカットはいいんだ!)

そして肝心の経済活動制限の緩和!

多くの感染者が発生した食肉加工工場や流通センターなども、ほぼ通常通りの営業になるそうです。

ところで、

これまでよりも厳しくなったルールもありますよ。

それはマスクについてのルール変更です。マスクの着用は義務ですが、これまでは顔を覆うものであればスカーフでもバンダナでもフェイスシールドでも何でもヨロシイということだったのが、スカーフやバンダナやフェイスシールドは不可となりました。

ちゃんと顔に密着して鼻と口を覆うマスクでないとダメです。あのプラスチック製のフェイスシールドだけを付けている人がよくいますが、あれだけでは効果がないですよねえ。

マスクもね、最近はすごくおしゃれなマスクを付けている人が多いです。どうせ付けないといけないなら、ファッションとして楽しもうということですね。

先日はスーパーの若い女性店員がとても素敵なマスクを付けていたので、「あなたのマスクとてもいいわね」と言ったら、「ありがとうございます、自分で作ったんです」と言いました。

私も自作してみるかなあ。

さあて、感染者数がこれからも減り続けるかどうかですけど、真面目に頑張るメルボルン市民のことですからね、減ると思いますよ。一気にドカンと減って、予定を前倒しで次の規制緩和をっやってもらいたいです。

要は美容院ですよ、美容院!


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月27日

ホットウォーターボトルでぐっすり安眠

メルボルンでは、ここ三日ほど真冬に逆戻りの天気が続いています。冷たい雨や雹も降りまして、標高の高い所では雪になり、結構積もった所もあるそうです。

真夏でもこういう事があるメルボルンですから、異常気象というわけではありませんが。

私の寝室は、我が家でも最も寒い部屋でして、寒い日は小さなオイルヒーターを付けて寝室を温かくして寝たりするのですけど、部屋を温かくすると、

電気蚊取りも付けないといけません!

蚊に顔をボコボコにされますからね。

そこで、ホットウォーターボトル(ゴム製湯たんぽ)を使ってみました。

私はお腹が痛い時や風邪で寒気がする時に使うんですけど、本来は寒い冬に温かく眠るための道具ですからね。

就寝前のシャワーを浴びる前にホットウォーターボトルを準備して、ベッドの中の背中が当たる辺りに置いておきました。

そうしたらですね、

ベッドに入った時、背中から感じる温かさがもう貴方、

うほほほほ… 

と、えもいわれぬ快感だったんです。

ベッドに入ったら、すぐにホットウォーターボトルを足元に移動させますと、足元が温かくなる頃には全身の力は抜け、あっという間にまどろみ状態。

眠りに落ちる前に、ホットウォーターは身体の横に移動させておきました。こうすると寝返りをうつ度にお腹と背中を温め続けてくれるわけです。

朝起きる頃にも温かさはしっかり残っていました。

そして、何がびっくりっしたって、私は夜中におトイレに行かなかったのですよ。朝の5時頃までぐっすり眠ったのです。

ホットウォーターボトルの効果に感激した私は、ここ3日間連続で使用しましたが、夜中におトイレに行くことは無かったです。起きてウロウロして身体が冷えて目が覚めることがないので、夜中に目が覚めてもまたすぐに眠り、ベッドの中はぬくぬくですしね、毎晩朝の5時頃までぐっすり寝ました。

もっと早く使うべきでした。

これが私のホットウォーターボトルです。


このカバーはアクリル糸をかぎ針で編んで自分で作ったものですが、カバーも販売されています。触れた時の感覚がひんやりしない素材で厚手のものをオススメします。

これまでは沸騰させたお湯を入れていたんですけど、注ぎ口の所に「沸騰したお湯を入れるな」と書いてあると息子に指摘されてから、沸騰寸前まで温めたお湯を入れて使っています。水道の蛇口から出る温水では温かさが足りません。

寒い日はこれに限りますよ!

睡眠問題でお困りの方、試してみてはいかがでしょうか。

スーパーや薬屋などで6〜8ドルくらいで買えます。ゴム臭いですけど、臭いはそのうち気にならなくなります。


お帰りの前に1クリックを!