2019年6月25日

花を見て嬉しかったこと

一年以上も楽しませてくれた鉢植えのシクラメンの花が、ついに死んでしまったと思ったのは今年のまだ暑かった頃でした。

家の中はそれほどの暑さではなかったんですけど、窓辺に置いていたのが悪かったんです。直射日光は当たらなくても、窓ガラス越しに外の暑さが伝わりますからね。

どんどん枯れていき、

花どころか葉っぱも出てこなくなり、

巨大なサトイモ

のような球根の頭だけが土から顔を出しているような状態になりまして。

そんなものを窓辺に飾り続けるのもアレなんで、諦める決心をしましたけど、捨てる事はできず、もしかしたらまだ死んではいないかもしれないのだし、そのサトイモのような球根はハーブ畑の隅のユーカリの木の下の日陰に埋めたのです。

さて、昨日のこと。

ハーブ畑にパセリを採りに出た時、ハーブ畑はパセリのジャングルのようになっているので、一番近くの取りやすいところからいつもは採るのですが、ユーカリの木の下の植木鉢のパセリが随分と大きくなっていたのに目が止まり、それを採りに行ったらまあ貴方、パセリの陰に隠れるようにして、シクラメンの花が咲いていたのです。


死んでいなかったんだわ!

あのサトイモのような球根から、たくさん葉っぱが出て、花まで咲かして。

もう嬉しくてたまりませんでした!


お帰りの前に1クリックを!



2019年6月24日

今日はホームアローン

気温が0度近くまで下がった今朝、我が家の朝は珍しく慌ただしかったです。

普段なら昼頃まで寝ている息子が、アルバイトで、しかも我が家からは50キロ以上も離れた街でのアルバイトで、7時スタートなので早朝に家を出たのです。私の車で行ったから、今日は私はどこにも出かけられません。

(三菱マグナを早く直せよ!何ヶ月もほったらかしてえ!)

アルバイトは、夫が勤めるツール販売会社の新店舗工事の仕事です。ほぼ夫からの強制ですから息子が断れるはずがありません。息子は、ゲームアートの勉強をした学校を卒業以来2年半も家にいるんです。この間、別の新店舗工事の仕事を1回と人間モルモット(治験のボランティア)を1回やっただけ。

とにかく、自分で稼ぐという経験と社会に出て人々と接する経験が必要なんです。

大学生の娘は、本日は2科目の試験がありまして、1科目目の試験スタートが8時半ということなので、7時前に私が駅まで送っていく予定でしたが、車がないので夫が仕事に行く途中に駅に寄ってくれることになりました。

ということで、予定よりも早い6時半に家を出たのです。

つまり、

6時半には、

私は一人っきりになったんです!

久しぶりのホームアローン!

ああ、この開放感ったらないわ!

やらなくちゃあいけないことは山ほどあるんですから、今日一日のんびり好きなことをして過ごすというわけにはいかないんですけど、時には一人っきりはいいですね。

さあ、洗濯物を干して掃除をして、翻訳の最終チェックをしたらファイルを送って、その後は何か美味しいものを作ろう!


お帰りの前に1クリックを!



2019年6月22日

小さな親切でハッピー気分

小さな親切って、結構中毒性があるんですよ。

私が心がけているのは、まず道路での小さな親切。

小道とかガソリンスタンドとか、そういう所から主要道路に出ようとしている車を見かけた場合、止まってその車を入れてあげるという親切です。

もちろん安全が一番ですから、自分が止まると危険な場合はしませんよ。自分の後ろに車はいないなんていう場合に止まって入れてあげるのはマヌケ的ですから、後ろは確認します。

しかし、入れてもらった人は嬉しいじゃあないですか。嬉しいと、今度は自分が他の誰かに親切にしようと思うでしょ?

もう一つ、スーパーのレジでの親切。

自分の買い物量が多い時に、後ろに並んだ人の買い物が少しの時は「お先にどうぞ!」と言って順番を譲ってあげます。ほとんどの人は好意に感謝し、レジで支払いを済ませた後には再び私にお礼を述べてから出ていきます。

物を落とした人がいたら拾ってあげるとか、両手にいっぱい荷物を抱えている人がいればドアを開けてあげるとか、何か困っている様子の人を見かけたら声をかけるとか、小さなことですけど心がけています。

そうすると、イザという時に躊躇せずにすっと行動に出ることができるのです。

つい先日は、幼い子供を三人連れたお母さんが荷物をたくさん持って、動く歩道というやつに乗った時に、一番歳上と思われる女の子が乗りそこねたのを見ました。年上と言っても4〜5歳くらいか、まだまだ幼い子供です。

お母さんと弟二人がどんどん遠ざかって行くのに自分はタイミングを逸して乗れないんです。女の子はヒステリックに叫び始めました。

大丈夫よ!おばちゃんと一緒に行きましょう!

私はそっと女の子の肩を抱くようにして歩く歩道に「ワンツースリー!」と言って乗りまして、歩く歩道の下で待っていたお母さんと弟達の所まで一緒に行きました。

お母さんは「You saved my day.(助かりました)」とお礼をおっしゃいました。私は、再び上りの動く歩道に乗ってスーパーへ向かいながら、ルンルンした気分でした。

こういうハッピー気分には、本当に中毒性があるのです。

もうね、最近は、小さな親切をおこなうチャンスを狙っていると言っても過言ではないワタクシなのでございます。


お帰りの前に1クリックを!



2019年6月21日

デスク仕事と甘いもの

「甘いもの」というのは文字通り「甘いもの」のこと、つまりスイーツ。

脳みそを酷使する仕事をしていると、どうして「甘いもの」が欲しくなるんでしょうか。

実際には見たこともなく見ることもできない機械の使い方の説明書なんぞを翻訳していると、脳みそ酷使に加えてフラストレーションが高まりまして、

何か食べたい!

ということになるのでございます。それもしょっちゅう。しかも「甘いもの」が。

基本的に「甘いもの」は買ってこない私ですが、食べたくなったら仕事から逃げる…いや気分転換にお料理はもってこいですからね、つい作っちゃうわけです。

ANZACビスケットとか…


デーツとクルミのスライスとか。これは2回も立て続けに作っちゃったな…。


あんこを挟んだ抹茶スイートパンは、あんこさえあれば簡単に作れます。私はあんこも小豆を炊いて作ったけど。


セメスター末の試験勉強中であるうちの娘も「甘いもの」が無性に食べたくなるようで、この抹茶あんこパンはあっという間に食べられてしまいました。

脳みそは酷使しているものの、基本的に動かすのは目と手だけというデスク仕事。そして、しょっちゅう何かしら食べている。「甘いもの」ばかり食べていると今度はしょっぱいものが食べたくなり、クラッカーとチーズを食べたりもする。

こういう暮らしは危険です。昨晩は、

体重計が壊れたのかと思いました!

一気に健康体重域を出て太り過ぎ域へ舞い戻ってしまった私。今朝メールをチェックしたら、ある電動工具の取扱説明書が送られてきていました。「大至急!月曜日までにお願いします!」と書いてありました。

土日返上確実!

甘いもの絶対必要!


お帰りの前に1クリックを!



2019年6月20日

赤ちゃんが手にしていた食べ物

ショッピングセンターに行くと、赤ちゃんをベビーカーに乗せて買い物を楽しむ(楽しんでいない方も多いですけど…)お母さんやお父さんを見ないことはありません。

赤ちゃんだけでなくチョロチョロと歩き回ったりする幼い子供を連れて買い物をしているお母さんなどを見ますとね、「頑張っているなあ」と感心してしまいます。

なかなか大変なんですよね。

ベビーカーやトロリー(ショッピングカート)の子供が座れるシートに座っている子供は、お母さんやお父さんが買い物中におとなしくしていてくれるようにということもあってと思いますけど、食べ物を手にしていることが多いですね。

菓子パンとか果物を食べている場合が多いですけど、先日はニンジンを丸ごと1本持ってかじっている子を見ました。皮も剥いていないニンジンです。

思い出すのは、うちの子供達がまた乳児の頃、子守りを義母(夫の母)に頼んだ時、子供達を迎えに行くと、ある時は肉などほとんど残っていない子羊の骨をしゃぶっており、またある時はやっと持てるような大きなニンジンを丸ごとしゃぶって(少しはかじって)いたりしました。

離乳食というか、赤ちゃんに与えるべき食べ物に対する考えが、日本人とは全く違うんだなあと思ったものです。

今朝、仕事場が寒くて困っているうちの夫のために、私がオススメするユニクロのヒートテック下着シャツとウルトラダウンの襟なしベストを買いに行ったんですけどね、その時くるくるした巻き毛の可愛いらしい赤ちゃんがびっくりするようなものを持ってかじっているのを見ました。

その子が両手でやっと抱えるように持っていたのは、

キュウリ!

ところが、日本の細長いキュウリを想像してはいけません。オーストラリアで一般的なキュウリは、畑で育ちすぎてしまったキュウリのように太くてでっかいの!

これを、小さな手で持ってシャリシャリとかじっていたんです。一応歯は生えていたようですからね、かじることを楽しんでいる様子でした。

キュウリ丸ごとか…

ニンジンもキュウリも、持ちやすいように細く切ったりしない方が、喉に詰まらせたりしなくていいんでしょうかね。

可愛らしかったです。


ところで、ユニクロのお店には XXL サイズの服は、ほとんどありませんね。XXL でも小さいかもしれないと思っていたんですけど、XXXL なんて置いてあるわけがないの。

今時はオンラインショップというのがあるからいいけど、オンラインでも XXXL なんていうのはありませんよ。

小さすぎても大きすぎても買い物には苦労します。


お帰りの前に1クリックを!