2020年9月21日

闇市ならぬ闇ヘアカット

髪の毛っていうのは、アレですか、ある程度伸びてくると速度を加速させるとか、そういう困った性質でもあるんですか?

もうね、

鏡に映る自分の頭がひどすぎて…

最後のヘアカットから一体何週間になるのか、覚えていません。

浮き上がった襟足は「河童」を連想させていましたけど、さらに伸びた今は「マレットヘア」です。

「マレットヘア」をご存知でない方に少し説明しますとね、70年代から80年代に流行した史上最悪にダサいとも言われる男性のヘアスタイルです。

私はね、襟足はバリカンで刈り上げていたんですよ。それがもう掴めるほど長くなっているんです。

伸びたもみあげは、浮き上がるから前から見ると「ハの字」になっていましたが、今はただもうだらしなく長いだけ。耳の下まで伸びています。

美容師泣かせの前髪は、生え際が右半分は右上に左半分は左下に向かって生えているので、ある程度の長さになると、どっち側に流しても半分が顔を覆うようになります。

仕方がないからヘアピンで留めています。

思い出すのは、カナダのトルドー首相。

あの人は、散髪に行けなくて髪の毛が伸びまくってもカッコよかったんですよねえ。やっぱり髪の毛がカールしているからかも。

そう思って、私もちょっとカールさせてみました。

ところが、トルドー首相のようにはいかず「昭和の母」みたいになっちゃって。

カールはダメだわ…

私はおばちゃんだからいいですよ。毎日家にいるんだし、家族以外には会わないんだし。

ところが、外見にこだわる若い男性達はどうも耐えられないらしい。そして、そういう人達は、家族にやってもらうとか自分で丸刈りになんかするわけがないのでして、どうしているかというとプロの理容師に切ってもらいに行っているんですって。

メルボルンのどこかには、非合法の闇の理髪店があるのだそうです。

やってる理容師も髪を切ってもらいに行く客も、見つかったら高額な罰金ですけど、それを覚悟で行ってるんですって。

分かるその気持ち!

メルボルンの新規感染者数は、少しずつ減っては来ていますが、先日はメルボルン南東部で新しい集団感染が発生しました。規制のルールに違反して、自宅から5キロ以上離れた親族を訪問し合っていた家族が集団感染したんだそうです。

毎週末には規制反対デモが行われています。やっている人達は少ないですけど。

パーティーを開いたり、メルボルン脱出を試みたりと、いまだに違反者の話が毎日後を絶ちません。闇ヘアカットだってね、気持ちは分かるけど、我慢しなくちゃあいけませんよ。

メルボルン市民のほとんどは文句も言わずに耐え続けているんですよ。違反者のせいで集団感染発生とか聞くと、本当に腹が立ちます。


ヘアスタイルに関係なく、白髪染めをしている皆さんにとっても、美容院の再開は切実なんだそうです。白人のオーストラリア人は、30代とかいう若い年齢で頭が白くなり始める人が多いくらいですから、染めている人は大変多いのです。

長引く規制で、髪の毛の根元3〜4センチが真っ白になっているというのは、気になるでしょうね。ニット帽をかぶっている人を最近よく見かけます。

やっぱり帽子ですよ!

スカーフはね、やって見れば分かりますけど、ダサい感じにならないようにスカーフをかぶるのは難しいです。頭を覆うのに花柄スカーフとかはちょっとアレだし。


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月20日

2台のオートバイで暴走

迷惑行為連発で新型コロナの規制ルールも違反している(しょっちゅう訪問者がやって来る)北隣り家が所有する子供用オートバイは、少なくとも2台であることが分かりました。

春の青空が広がり、最高気温が25度となった昨日。アウトドアアクティビティーには絶好のお天気だというのに、外出規制でどこにも行けない。しかも土曜日。

ホームスクーリングのお勉強もないということで、北隣り家の息子たちは、

朝から晩までオートバイ乗りまくり!

しかも2台でレースしているんです。

さらに、お父さんらしい大人の男が興奮して「ひょー!」とか「」ひゃー!」とか叫ぶんです。

耐え難い…

今までは、これほどまでに迷惑したことはなかったのですよ。

思うに、おそらくあの人達は、専用のレース場へ行って乗っていたんだと思う。家で練習をすることはあってもね。

新型コロナのせいで、そういう特別の場所に行くことができなくなったんじゃあないかと。だから家で乗り回しているんではいのかと思うんですけど、それにしたってうるさすぎる。

ここがオーストラリアで良かったですよ。アメリカだったら、怒った隣人に銃で撃たれるとか、そういうのがあり得るレベルです。あるいは、迷惑行為で訴えられるとか。

ただ黙って耐えている私達も私達なんですけど。

臆病者はバカを見るってこと…

明日から天気が崩れるようです。雨が降ると静かになりますからヤレヤレですよ。


ところで…

蚊の繁殖場所と化していた噴水ですが、緑のドブドブが消えました。掃除をしてほしいと頼んだわけではありません。もうすぐあそこから何千匹もの蚊が発生するだろうと教えただけです。


緑のドブドブは消えましたが、茶緑色のヘドロみたいなものはたくさん沈殿しています。

少なくともボウフラはいなくなったように見えます。

金魚の住処用に入れた石とか、片付けたらいいのに。


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月19日

命に関わらない手術の再開

新型コロナで入院する感染者が増え、その対応を最優先させるために、命に関わらない「Elective Surgery(選択的外科手術、待機手術)」を中止していた病院が、手術を再開するそうです。

うちの息子は良い知らせです。

ただし、待機手術のうちでもお尻が痛いというのは最も後回しにされるのでして、いつ手術をしてもらえるかなんてさっぱり分かりません。

最初の診察が昨年の12月ですからね。痛みに耐えてかれこれ9ヶ月。本当にお気の毒なのでございますけど。

そんな息子に、昨日マルンダ病院から手紙が届きました。

病院から手紙?

もしかしたら早速手術の連絡かもしれないじゃん!

はやる気持ちを抑えつつ封筒を開けると、中に入っていたのはアンケートのお願いでした。病院のサービスについての満足度やサービス向上への提案などをお教えくださいというもので、

息子は一言、

F**K YOU !

と叫んでアンケートをゴミ箱に捨てたのでございます。

お尻が痛くて座っていることが困難というのは、命には関わりませんけど、生活の質や仕事をする能力に大きな影響があるのでしてね。

本当にもう、

早く何とかしてやってちょうだい!


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月18日

蚊の季節とボウフラの天国

オーストラリアの蚊は、冬の間も家具の裏とかにじっと身を潜めています。比較的暖かい日には血を吸いに出てきますので、自他ともに認める「モズィーマグネット(磁石のように蚊を引き寄せる)」の私は、真冬でも電気蚊取りの準備は怠れません。

さて、

9月になって暦の上で春となった途端に暖かい日が増えてきましたが、

いよいよ蚊の季節の到来です!

草取りなどしようと外に出るとたちまち蚊に刺されてしまいます。まだ長袖シャツ長ズボンを着ているんですよ。アイツラは服の上から刺すんです。

昨晩は、夜中に顔をボコボコにされて目が覚めました。

暖かくなって来たとは言え、まだ朝晩の気温は10度以下と寒いですからね、布団をかぶって寝ているので、布団から出ているのは顔だけですから、そこを刺されるのです。

電気香取はマット式を愛用していましたが、昨年は液体式のを買いました。どの店を探してもマットを売っていなくて。

ドアを締め切った小さな部屋で電気蚊取りをつけていると殺虫剤の臭いが部屋に充満します。身体に悪いんじゃあないかと心配になりますが、蚊に刺される方がもっと心配です。

「モズィーマグネット」である私にとっては、家の周囲に蚊の発生源となる場所がいくつもあるのは大問題でして、ドブドブの沼池化した噴水は我が家最大の蚊の繁殖場所でもあり、本当にどうにかしてもらいたいのですけど。

以前にも記事に書きました通り、この噴水の沼池化については、うちの夫や入れ知恵をした義母を恨んでいるんです。

ただ水を溜めているだけなら、定期的に水を動かして噴水をちゃんと噴水として使うことで蚊の繁殖防止にもなるのに。


そこに植物を植えたり金魚を入れたりするから水を動かせなくなり、気温が40度を超えるような夏には水が熱くなって金魚は死んでしまい、手入れをしないから昨年は干上がってしまって植えた植物も死にました。

その後、再び水を溜めた夫。

沼池は、今やこんな有様です。


ボウフラにとっては天国ですよ。

何千匹ものボウフラがうじゃうじゃ元気に成長中です。


こんなことになった責任は夫にあるんですからね、掃除は夫にやってもらいたいんです。私はね、もう尻拭いはゴメンです。

それにしても、

これ全部蚊になるんですよねえ…


お帰りの前に1クリックを!



2020年9月17日

立って絵を描けるペンタブレット

コンピューターで絵を描くのに無くてはならないのがペンタブレットという道具です。

ペン状の道具を板状の装置の上で動かすことで、図形などの入力を行うものですが、私もかつてワコム(Wacom)というメーカーのペンタブレットを持っていました。

当時はペンタブレットなんて使う人は限られていましたから選択肢が少なくて、しかも高額でした。何万円も出して買ったんですけど私は余り使うことがなく、息子が使うようになりました。

息子はビデオゲームのグラフィッスクを作るアーティストになるために、ハイスクールを卒業後は AIE(The Academy of Interactive Entertainment)という学校でゲームアートを学んだのですが、ハイスクールの頃からデジタルで絵を描いていましたから、ペンタブレットは必需品だったのです。

さて、

フリーランスのアーティストを目指して毎日絵を描き続けて来た息子ですけど、このブログでも度々話題にしておりますように、お尻の問題に苦しんでおりまして、最近は座ることが不可能な日があります。

ドーナツ型クッションを使えば座れる程度に痛みが改善する日もあるのですけど、長時間座り続けることは困難でして、痛みがひどい日はベッドに寝たきりなんです。

しかしね、お尻の問題があるからと言って仕事をしないわけにはいかないんですよ。それに、いつ手術をしてもらえるか全く目処が立っていませんし、

何とかしなくちゃいけません!

ということで、

息子は立った状態で使えるペンタブレットを買いました。

角度を自由に調整できて使いやすいそうですが、デスクが低すぎて腰が痛くなります。私がキッチンで使っていた踏み台をデスクに乗せてペンタブレットを置いてみましたが、立った状態で作業するにはまだまだ高さが足りません。


様々なタイプの高さが調整できるテーブルを売っていますけど、金欠の息子には手が出ないでしょう。

無収入が続いているお母さんにも買ってあげることはできません。

レンガかコンクリートのブロックを買ってきてデスクの脚の下に置き、デスクごと高くする方法を提案しました。それが一番安くて簡単な方法だと思ったんです。

しかし、座ってやれる日には座ってやりたいということなので、デスク上で高さ調整できる台が必要です。

世の中のお尻が痛い皆さんは、どんなお仕事をされているにしろ、苦労されていることでしょう。


お帰りの前に1クリックを!