2018年12月12日

ホーダー気質とゴミ屋敷

「ホーダー(Hoarder)」というのは、物を捨てられない&片付けられない人のこと。どんどん物を収集し、ため込んで、自分が住んでいる住居をゴミ屋敷にしてしまう人のことです。

溜め込んでいるものは、他人から見ればゴミやガラクタと思われるものが多いのだけど、本人にとっては大切なものであったり意味のあるものであったりするので捨てられない。

こうして、住居は生活が困難になるほど軌道を逸した状態にまで物で埋め尽くされて行くのです。

「ホーダー」は「強迫性ため込み症」とも呼ばれ、強迫性障害の一つ、つまり病気であると理解されるようになって来ました。

物が捨てられなくなる理由は様々ですが、何らかのトラウマが引き金になって生じることが多いそうです。依存症と似た問題もあるようです。

「ホーダー」は物を集め、取っておくことで安心感を感じます。欲しいものを手に入れて、多くの持ち物を所有することは「もしもの時の備え」なのですから、備えなしでは不安になるのです。

そうして自分が所有することになった物は、いつか必要になる時が来るかもしれないと思うから捨てられませんし、片付けられないというのは遺伝子レベルの能力の問題であるとも言われます。

うちの夫には「ホーダー気質」があるのです。

昨日ですね、探しものがあって久しぶりにガレージに入ったんですが、前回見た時からさらに凄いことになっていました。

夫は、「何かが必要だ、買いたい、欲しい」という状況で衝動が抑えられないところがありますので、特に双極性障害2型の「躁期」であったと思われる頃は、非常に高額な物でもヘッチャラで買ってしまうので困りました。

いつか必要になる時のために何も捨てませんし、整理整頓能力も非常に乏しいので、溜め込んだ物がその整理整頓能力を超えた量になった後は、片付けようともしません。

さらに、人助けが大好きな夫は、知人が処分に困っている物をもらって来てあげるのです。壊れた屋外用ヒーターとか、壊れた屋外用の大きな日傘とか、古い家具とか、コミュニティー活動のために買った紙コップやスティック砂糖などの余り物とか、そうしたものがどんどん我が家に溜まっていくのです。

書斎にある夫のデスク周辺と車が3台入る大きなガレージは、「ゴミ屋敷」と聞いて思い浮かべるレベルに近い状態です。

私は片付けが得意だし、ものを処分することも上手です。捨てるといいう選択肢以外に、中古品を売るチャリティー店に寄付するということができますしね。しかも、最近は所有物の数を減らしたいと思って暮らしていますから、我が家にある「私の所有物」はもともと多くはなかったのが少しずつ減っています。

しかし、

夫の所有物は…トラック何台分あるのか。

私に片付けさせてくれと頼んでも、片付けさせてはくれません。私が捨ててあげると言うと、自分が死んだ後にいくらでも捨ててくれと言われます。

我が家の広いガレージ、あそこが一番の問題。

片付けても片付けても物が溢れていて片付かない、引っ越しとかで退居期日が迫っているのに間に合わない…なんていう悪い夢を見続ける理由は、夫にあるわけだ。

「ホーダー気質」と「広い家」あるいは「広いガレージ」という組み合わせは、良くないですよ。問題を悪化させるだけです。


お帰りの前に1クリックを!



2018年12月11日

マッシュルームをつまみ食い

オーストラリアと日本の文化の違いにはすっかり慣れたはずの私ですが、今でも時々びっくりするようなことを目撃します。

食べ物に関することは良くあることで、これまでにも何度か記事にしましたが、桃を毛の生えた皮ごと食べるというのも違いの一つ。

お店で売られている桃を、洗いもせずに、もちろんリンゴのように服でゴシゴシするようなこともなく、そのまま子供に食べさせているのをスーパーで目撃した時には目を疑いましたけど。

私、大学生の頃に桃の農家や桃の選果場でアルバイトをしたことがあるのですがね、農場で収穫されてから消費者の手に渡るまでには、人に手はもちろんのこと色々なものに触れているのでですね、やっぱりきれいな水で洗ってから食べるのがいいんじゃあないかと思いますよ。

私も最近は皮ごと食べるようになったのですが、必ず桃の毛を落とすようにしっかり洗ってから食べます。

スーパーや八百屋さんで、果物をつまみ食いする人が多いオーストラリア。

確かに、果物を買う時には味見をしてから買いたいと思う気持ちは分かります。味見するのは消費者の権利であるかのように、山積みされた葡萄とかチェリーとか、ミカンの季節になるとミカンの皮をむいでまで、皆さん平気で味見をしてます。

そして、味見というかつまみ食いは、果物には限らないのだということを最近知りました。

いつも野菜や果物を買っているイーストランド・ショッピングセンター内の八百屋でのこと。幼い男の子を連れた30歳代と思われるお父さんが、野菜を買っていました。男の子はお行儀よくトロリー(ショッピングカート)の子供用シートに座っておりましたが、マッシュルーム売り場を通っていた時、ひょいと手を伸ばしてマッシュルームを一つ手に取ると、そのまま口に入れてむしゃむしゃと食べたのでした。

お父さんは何も言いませんでした。

いや、いいのよ、幼い子供のことだし。

しかしね、山積みになっていたマッシュルームには、あの黒い堆肥というか培地というのかマッシュルーム・コンポストが付いているじゃないですか。

あの黒いコンポストをきれいに取り除くことなく、そのままスライスして料理に使う人も多いけど、

私はコンポストは食べたくない!

それに、他の誰かが触っていたかもしれないのよ。

思わず「Oh dear!」と声が出た私は、そのお父さんと目が合いましたけど、その表情からは何も感じませんでしたので、黒いコンポストが付いているマッシュルームを一つ取ってそのまま食べるという行為は、全く驚くには値しないことだということなのですね。

私だったら「それは食べちゃダメよ!」と言っていただろうなあ。


お帰りの前に1クリックを!



2018年12月10日

人生最悪の筋肉痛

何をしたのかと言いますと、鉢植えにしていたレモンの木を地面に植え替えたのです。

ずっと鉢植えで育てるつもりだったので、更に大きな植木鉢に植え替える必要があったのだけど、大きな植木鉢は結構なお値段なんですよね。

新しい歯冠を作ってもらうための貯金がどんどん食費に消えていく昨今、植木鉢に大金を使うこともなかろうと悟りまして、鉢植えを断念したのです。

我が家が建っている土地は粘土質で、少し掘るとカッチカッチの石のようです。こんなのにレモンの木を植えても上手く育つまいとは思うのだけど、ご近所さんはレモンの木をお植えだし、はっきり言って木だらけですからね、我が家周辺は。

レモンもなんとか育つかも。

そこで、

水やりがしやすい玄関前の花壇の中で、冬の間も日光が当たる辺りに植えることにしました。水道からはちょっと遠いけど仕方がない。長いホースをいっぱいに伸ばせば水やりはできる。

計画は、
できるだけ大きな穴を掘り(理想は直径1メートル)出てきた粘土に腐葉土と保水用ビーズを混ぜて穴を埋め、そこに鉢植えにしていたレモンの木を植える。
シャベルとピッケルみたいなのとフォークとスコップを駆使して、穴を掘ること5分で「もうやめたい!」と思ったけど、やめることはできません。

10分で大汗が滴り落ちるもんだから、タオルを取ってきて首に巻き、カッチカチの石のような粘土を掘り続ける私。

塵も積もれば山となるんだ!

それにしても固い。

ああ、私って、なんて力がないんだろう。

誰か助けて!

たとえそう叫んだとしても、助けに来てくれるような人は我が家にはいませんから、一人でやり遂げるしかありません。

そして、

なんとか自分でも感心するほどの大きな穴が掘れた頃、「今日の作業はここまでにするか」とも思ったのだけど、中途半端ができない私は、家から遠く離れた箱型野菜畑の向こうに溜まっていた腐葉土を手押し車に積み込んで、運んできて、掘った穴に入れること2回。

保水用ビーズを混ぜて、水をドバドバと投入し、シャベルで混ぜていくと、

なんとまあ、

あの粘土が土らしい土になりました。砂も混ぜたかったけどそんなものはないので、何も植えていなかった植木鉢3個の土を投入し、更に土を作り上げて行きました。

ハアハア、ゼエゼエ、ハアハア、ゼエゼエ

日頃の運動不足がたたります。

それでも、なんとか土作りは完了し、

レモンの木を植え付けることができました。

汚れまくっていた周辺の掃除も行い、歯を食いしばって農具類の片付けも終え、シャワーで汗と泥を洗い落とした頃には、もうすでに腕の筋肉が…

痛いんです!

筋肉痛は翌日から、歳を取ると翌々日からというのが定説じゃあないのか?

何なんだこの筋肉痛は!

筋肉痛はどんどん酷くなり、しばらくベッドで横になる羽目になり、5時前になって晩ご飯の支度を始める頃には、激痛になっておりました。

激痛というか、普通の痛みとは違うんでして、重くて深い、歯痛にも似た痛みで。

結局、晩ご飯は娘が作ってくれました。

腕や腕の付け根だけじゃなくて、手のひらや指の筋肉も痛くなりました。

もう寝るしかない!

ところが、痛すぎて眠れません。

こういう時は「パナディン・フォルテ(Panadeine Forte)」を飲むしかない。

しかし痛みは、「パナディンフォルテ」を持ってしても消えてくれず、眠れません。

そこで、ちょっと心配だったけど、睡眠薬「ゾルピデム(Zolpidem)」を服用しまして、なんとか眠ったのでございます。

今朝は昨日よりは少しはマシ、何もしていなければ。うっかり腕の筋肉に力を入れると、激痛に叫び声を上げてしまいます。

今日は、野菜を植える予定の花壇を耕す予定だったけど、この痛みでは無理かも…。


お帰りの前に1クリックを!



2018年12月9日

エデンシロップの謎

我家のキッチンには、常時ショッピングリスト用の紙とペンが置いてあり、各自が無くなっていると気づいたものや買ってきて欲しいものを書き込むことになっています。

買い物に行くのは基本的に私一人で、私は自分が無くなっていると気づいたものと必要なものしか買わないので、リストに書かれていなければ、例の有名な「ベジマイト」なんて絶対に買ってこないのです。

今日は、ショッピングリストに「ベジマイト」と書いてあったんですよ。息子の字だったな。トーストにあれを塗って食べるのが好きなんですよねえ。

「ベジマイト」は、以前は人間が食べる物ではないと嫌悪していた私ですけど、20年以上も経ちますと味覚も変わっちゃうのです。最近は、トーストにバターと一緒に塗るとなかなかの味だと思います。食べたいとは思わないけど。

それはともかく…

ショッピングリストの一番下に「エデンシロップ(Edden Syrup)」と書かれていました。息子が書いたリストのすぐ下だったので、息子が書いたのだと思いました。

「ちょっとお、エデンシロップって何よお?」
「知らない!オレが書いたんじゃあないから」
「あら、アンタの字じゃないの?ほら、これ!」
「エデンシロップ?オレ知らないよ〜」

息子じゃなかったのなら、夫か娘のどちらかですが、娘の字ではありませんでしたから、夫が書いたのでしょう。

それにしても、

エデンシロップって何だろう?

聞いたことも見たこともありません。

エデンの園と関係あるの?オーストラリア独特のシロップか?ブランドの名前がエデンなの?夫はそのエデンシロップを何に使うんだろう?

すっかり困惑しながら、私は買い物に出かける前にもう一度パントリーを開けて、他に必要なものがないかと見回していたんです。

「あら、ゴールデンシロップが無くなりそうだわ…」

いつもうちの夫がポリッジにそのゴールデンシロップをたっぷりかけて甘くして食べるんですけど…

「ショッピングリストに書いておかなくちゃ」

ゴールデンシロップ…

あっ!

ゴールデンシロップか!


夫の手書き文字は、時々全く読み取れないほど酷いということを忘れていました。


お帰りの前に1クリックを!



2018年12月8日

アジアンカレー風味汁かけ飯に干しぶどう

暑かったわ〜!

昨晩は9時頃でも外の気温は35度でしたからね。

エアコンが効いているのは居間だけで、その居間で娘のヨガマットを敷いてCPAPマシーンを付けて寝ている夫は快適だったでしょうが、サウナ状態の2階の寝室で扇風機全開で寝ている息子と娘は、さぞ寝苦しかったでしょう。

私の寝室は我が家で一番涼しい部屋ですが(エアコンなし)、それでも扇風機は必要でしたからね。

それはさておき…

暑い日の晩ご飯は、冷たい麺料理がサイコーですが、暑さで大ボケの私は熱い汁物を作りました。

冷蔵庫の余り物全部活用汁物!

残っていたチンゲンサイやタケノコやグリーンピースや、生姜や豚肉など、あらゆる物を鶏ガラスープで煮て、塩と醤油で味付けし、途中で「暑い日にはスパイシーな味がいいな」と思いついてカレー風味にすることにしました。

アジアンカレー粉を入れて、ドロドロになるまで煮ている私も汗でドロドロ。

これは汁かけご飯にするのが一番だな!

というわけで、

アジアンカレー風味の具だくさんドロドロ汁かけご飯が晩ご飯となったのですけど、カレーには絶対に干しぶどうを、まるで作った人(ワタクシ)への嫌がらせでもあるかのように、盲目的にふりかけて食べる夫が、またも干しぶどうを取り出したのです。

今日のカレー汁には絶対に干しぶどうは合いませんからね!

中華風アジアンカレー味よ!
醤油味なのよ!
チンゲンサイとか入っているのよ!

すると、

夫は言いました。

「中国人も干しぶどうを食べます」

何だそれ!

干しぶどうをパラパラどころか、いっぱいふりかけて食べ始めた夫。

うちの夫はですね、音痴なんですけど味音痴でもあるので、

どうでもいいわ…

とは、

いまだに思えないの、私!


お帰りの前に1クリックを!