2022年8月9日

電話相談員の仕事

うちの娘は、不安や心配事で悩んでいる方の話を聞いたりアドバイスをしたりするボランディア相談員として働くことが決まり、いよいよ今週から実際に電話を受けることになって緊張していました。

そのために、今週はクリニックの受付の仕事を休ませてもらって家に帰って来ています。

電話相談は「Anxiety Recovery Centre Victoria」という団体が運営しているプログラムです。この団体のオンラインシステムを使えるインターネット環境とコンピューターとヘッドセット(ヘッドフォンとマイクのセット)さえあれば、ボランティア相談員はどこにいても仕事ができるのです。

オーストラリアの最も有名な電話相談窓口に「ライフライン」(Lifeline)というのがあります。日本の「いのちの電話」のような電話相談で、週7日24時間体勢で対応していますが、娘が働くことになったプラグラムは相談時間が決められています。

「ライフライン」は、自殺をも考えているような深刻な悩みを抱えた人の電話相談ですが、娘が相談に応じるプラグラムは、不安や心配事で困っている人の電話相談だと聞いていました。

何週間もトレーニングを重ねてきましたが、実際に電話に出ることになった昨日の月曜日は、朝から緊張していました。

私のデスクの横にある夫のデスクが娘の仕事場になっています。夫のデスクはゴミ屋敷状態ですが、現在は少しマシになっていて、娘のノートパソコンを置くことはできます。コーヒーカップを置くスペースもあるんですよ。

電話が入って来たら私は部屋から出て行って欲しいと言われました。話しているのを聞かれたくないし、他人のリアクションを耳にしたくないのだと言って。

もちろん娘の希望通りに、シフトの間は部屋に入らないようにしています。

朝10時になって団体の事務所の担当者と何やら話していましたが、しばらくして電話が入って来たようでした。声が聞こえてきましたが、何だかちょっと私が思っていたのと話している感じが違いました。

何事も「初めて」というのは緊張するものです。

シフトが終わったお昼過ぎに「うまくやれたの?」のと聞きましたら、一番最初の相談者が想定していた内容とかけ離れていてチャレンジだったと言いました。

詳しいことは教えてくれませんし私も聞きませんけど、この相談者の悩みというのが、病院の医者や救急医療隊員からひどいハラスメントを受けていると言うのですって。

自分は精神病性障害(サイコーシス)だと言われ、医者が自分の携帯電話にハッキング(不正侵入)をして来るので困っていると。

いたずら電話ではなくて、相談者が言っていることが本当なら、この人はまさにサイコーシスなんですけど。こういう相談が来ることは珍しいのだそうです。娘にとっては、いきなり一番最初の相談が対応の難しいものだったようです。

時々部屋から出てきて「甘いものが欲しい〜」と言う娘に、お母さんは甘いものを作ってあげましたよ。

午後は休憩して、夕方の4時半から2回目のシフトに入りました。お母さんは晩ご飯をデスクに運んであげました。

慣れるまでは大変でしょうし、娘は自分自身が長年メンタルの問題を抱えていろいろつらい経験をしているので、自分と同じような問題でつらい思いをしている人の話を聞く時に、シェアハウスで一人きりというのではなくて家族と一緒というのは意味があると思うんです。

私にできることは何でもしてあげようと思っていますけど、娘にとって一番の助けになっているのは犬のビシューかもしれません。

気分転換に一緒に外に出たり、膝に抱っこして休んだり、ただ抱きかかえて可愛がったりしています。長年犬を飼いたがっていた娘ですからね。ぜひ今週一週間しっかりビシューを楽しんでもらいましょう。


お帰りの前に1クリックを!



2022年8月8日

大爆発はすでに鎮火

ああ…

大爆発した私の怒りは、

たったの一日しか持たなかったのだった!

やっぱりね、私って心根が優しい人なんですよ。

エンパシー(Empathy)という言葉がありますよね、他人の気持ちを思いやって感情移入することですけど、エンパシーが強いのですよ。犬に対しても。

何だかビシューが可哀想になってしまいまして。

この2ヶ月毎日一緒に過ごしてきたお母さんが、ご飯やおやつをくれて、ボールで遊んでくれて、散歩や外遊びに連れて行ってくれて、お膝でお昼寝もさせてくれて、時にはベッドで一緒に寝させてくれるお母さんが、ある時、突然恐ろしい顔をして大声で怒鳴り、その後ずっと自分のことを完全に無視している。

犬にとってみれば、

ワケワカラン!

今まで自由に入っていたお母さんの部屋もドアが閉まっていて中に入れなくなったし、出てきてもお母さんは視線も合わせてくれない。ご飯もくれないし、遊んでもくれないし、話しかけてもくれない。

どうしちゃったの?

あまりお利口ではないビシューも、何だか良くないことが起きていることだけは理解しているらしくて、悲しい顔をして私の様子を離れたところからじっと見ているんですよ。

このままでは、私はこの犬の心を傷つけてしまうなと思いましてね。

そりゃあまあ、私が靴探しに苦労していることも、かじった靴が私が持っている唯一の夏の靴でめったに見つからない「一日中履いて歩き回っても疲れない快適な靴」だったなんて知らなかったわけで。

靴をかじるのは悪い癖だけど、犬なんだし。

むちゃくちゃ腹は立ったんですけどね、悲しそうな顔で(顔の毛のせいでそう見える可能性が大きいけど)私を見つめるビシューに冷たい態度を取り続けることは、

出来ませんでした…


日中一人ぼっちになって寂しそうなので、私のデスクがある部屋のドアを開けて、またビシューが中に入って来れるようにしてやりました。

そうしたら、この犬が最初にしたことは、私が室内履きにしているサンダルの一つを失敬して行くことだったんですよ。

私はデスクの前に座る時には、よくサンダルを脱ぐのです。

部屋から出ようとして、サンダルを履こうとしましたら、一つ無い。

まさか…

と思ってビシューを探すと、自分のベッドでサンダルをかじっていました。

油断も隙もないのでございます。

サンダルを取り上げて再び大声で怒鳴らずにいられなかったのはもちろんですが、怒鳴った後に感じたのは愚かさ、と言うかバカバカしさ。

この犬が靴泥棒(および靴下泥棒)であることは最初から分かっていたことなんですよ。だから、靴をかじられるのは油断した人間が悪いんです。

大事な靴は、絶対に犬には手が届かない戸棚の中に入れておくべきだったんです。

ああ…

きっといい靴がまた見つかりますよね。頑張ります。


お帰りの前に1クリックを!



2022年8月7日

早くいなくなれ!コノヤロウ!

怒り大爆発!

誰にって、犬のビシューにですよ。

飼い主の義弟家族が2ヶ月半にも及ぶスペインでの夏休みから帰って来るのはまだ2週間以上も先です。どうやってあと2週間以上もコイツの世話をしたらいいんだ!

何をしたのかって?

私が持っている唯一の夏の靴をかじったんですよ!

何だそんなことかと思ってはいけません。

私が靴探しに苦労していることは度々このブログでも話題にしていますけどね、足に合うサイズの靴がなかなか見つからないんですから、履いて快適な靴なんて不可能に近いんですよ。

日本で買うとサイズは22センチで、靴が見つからないということはなかったです。

しかし、このサイズのレディース靴はオーストラリアでは販売されていないんです。

仕方がないから子供靴のサイズ2を探すんですけど、子供の靴は幅がきつ過ぎるんです。デザインもアレだし。

小さくて幅が広くてヘンテコな形の足なので、靴探しには本当に苦労が絶えないのです。

最近日本のアマゾンで22センチの靴を買って転送してもらいましたけど、届いた靴が足に合うかどうかは分からないんですよ。合わなかったらあきらめるしか無いんです。

そんな私の足にピッタリ合って、その靴を履いて一日中歩き回ることもできるほど快適な靴を何年か前に見つけたんです。「Wide Steps」というブランドのスリップオンのサンダルなんですけど、かかとのストラップが無いのでサイズが大きめでも履けるのです。

値段は160ドルくらいでした。スリップオンのサンダルとしては安くはないです。でもね、こんなに快適な靴は他には無いというくらいに快適だったんです。こういう靴に巡り会えることはめったに無いことなんです。

少し傷んできたので、昨年の暮れのセールで全く同じのを買いました。ドバイ旅行にも持って行きました。ちょっとマシな服を着る時にも使えるデザインです。

その貴重な靴を、

いつの間にか棚から引っ張り出して、

ガジガジ噛んでいたコノヤロウめ!(腹が立っているから言葉も汚くなる!)

度々家の中でウンチやおしっこをされて腹が立った時とは比較にならないこの怒り。睡眠不足がひどくなっているのも、この犬が原因ですしね。

早くいなくなってほしい!

もうそれだけ!


怒り大爆発から一日経ちましたけど、まだ怒りは収まっていません。

同じ靴を買おうと思って探したら、どの店でも売り切れていることが分かり、怒りがさらに大きくなりました。「Wide Steps」ブランドの靴を取り扱っているあらゆる店を探しましたけど、私が買いたい靴は売られていません。

夏が近づく頃に再び売りに出るといいのですけど。だって売り切れているっていうことは人気商品なんでしょ?メーカーも人気商品はまた作るはずですよね?

売りに出なかったら、

また靴探しの苦労が始まります…

考えただけでも気持ちが沈むわ。

コノヤロウの世話は、うちの娘が予定通り昨晩帰って来ましたから、今週はなんとかなるでしょう。

来週になったら私の怒りも収まるかもしれませんけど、収まらなかったら最後の1週間は夫と息子の二人でなんとかするしかありませんよ。


お帰りの前に1クリックを!



2022年8月6日

目まいとトラック運転

メルボルンのシェアハウスに住んでいるうちの娘ですが、先日クラヴ・マガの幼児クラスを教えた後で仲間の皆さんと会食をして、その会食場所からはシェアハウスよりも我が家の方が近いということで、一晩だけ寝るために帰って来ました。

娘は、不安や心配事で悩んでいる方の話を聞いたりアドバイスをしたりする「CARES 4Me」というプログラムのボランディア相談員として働くことが決まり、いよいよ来週からその仕事が始まるそうです。

1週間ほどクリニックの受付の仕事を休んで家に帰って来ると言いました。つまり我が家で電話相談に対応するというわけです。相談員が勤務する専用のオフィスはあるのですけどね、新型コロナの感染者が再び増えているとも聞きますから、在宅勤務になのでしょう。

メルボルンに戻る前にパントリーや冷蔵庫の中を見回して、食材が乏しいと文句を言いました。「帰って来る前に食べ物をちゃんと買っておいてよ」と言いました。

確かに、パントリーも冷蔵庫もスカスカでしたから、娘のリクエストに応えるために、昨日の午前中買い物に行ったんです。本当は出かけたくなかったんですけど、犬のビシューが食べるグルメソーセージが無くなったので行かないわけにはいきませんでした。

昨日の朝は3時33分に起きたんです。寝不足でしたけど寝不足はいつものことですから、早朝に夫を勤めているツールショップまで送って行き、朝の家事をして、犬のビシューの散歩も頑張り、その後で買い物に出かけたんですよ。

まずはペットショップに行きました。その後ショッピングセンターへ行き、アジア食品店と八百屋を済ませてからスーパーで買い物をしていた時、

目が回り始めたんです!

あの恐ろしい高速回転する目まいではなくて、グワングワンと周囲が振れ動く目まいでした。高速回転だったら立っていることが不可能ですが、グワングワンだとショッピングカートにしがみついていれば何とかなります。

買い物は早々に切り上げて、何とか無事に家まで帰って来ました。

家に帰るとガレージのドアが開けっ放しで、中に停めてあったレクサスがありませんでした。義弟(夫の弟)からただで貰って乗れるようにするのに大金がかかった古いレクサスですが、主に息子が使っています。

ただし、息子は外出する用事など無い人ですから、うちの夫に何か頼まれた時に乗るだけです。最近は木を切りに行くのに使っていますので、車の中はゴミ屋敷状態になっています。

息子は夫に何か頼まれて外出したのでしょう。

メッセージが来ていないかとiPhoneをチェックすると、夫からメッセージがたくさん来ていて、3回も電話をかけて来ていたことが分かりました。夜の間に消音にしていたのを元に戻すのを忘れていたので、気が付かなかったのです。

夫はすぐに帰って来ました。

私がまだショッピングセンターにいた頃に駅まで帰って来ていたようです。何でも、勤めているツールショップがあまりに暇だったので早退したんだそうで。したいことがいろいろあるからと言って。私が電話に出ないので、息子に迎えに来させたのでした。

夫がしたかったいろいろなことの一つが、夫の父親が売りに出している家のメンテナンスのためにブラシカッター(草刈り機)を直すことで、私にトラックを運転して専門店まで連れて行ってくれと言いました。

元気な時でもトラックの運転などしたくないんですけど、目が回っているのにトラックの運転など不可能ですよ。

それを言うと、明らかにご機嫌が悪くなりました。しかしね、ご機嫌が悪くなっても私にはどうすることも出来ませんよ。

ということで、

私は昨日のお昼頃からずっとベッドに横になっていたんです。眠れましたけど、ぐっすり何時間も眠るなんていうのは無理なのでして、何度も何度も目が覚めます。それでも、今朝は目は回っていません。

トラックの運転をさせられるかもしれません。

私は、運転ができなくなった夫のために頑張っていますけどね、正直な気持ちとしては、トラックだけは勘弁してもらいたいんです。

それにしても、目が回るのは怖いですよ。

トラックで高速道路を運転中に目が回るとか、考えただけでも恐ろしい…


お帰りの前に1クリックを!



2022年8月5日

春の足音と転勤の期待

星座の中でも見つけやすくて有名なのがオリオン座ですが、日本に住んでいた頃、オリオン座はたいてい空の高いところに見えていた記憶があります。

山に囲まれた町に住んでいましたから、オリオン座が空の低いところに見える季節には見えなかったからでしょうか。

最近、うちの夫を勤めているツールショップに送って行く時、家の玄関を出ると目の前に大きなオリオン座が見えます。

空の低いところに出ているのですぐ目の前に見えるわけなんですけど、このオリオン座はメルボルンで見ると残念な姿をしているんですよ。オリオンが上下ひっくり返っているんです。腰に付けた剣の部分に当たる部分が三ツ星の上にあるので、上下が逆だとすぐに分かります。

星も月も太陽も、見え方が大変違います。

三日月は、鏡に映して裏返したように反対側が光っています。メルボルンで見える三日月は逆三日月なんです。月の満ち欠けの動きが逆なんです。

お日様は、日本ではもちろん南の空に見えます。東から昇って西に沈むお日様を南を向いて見ると左から右に動きますけどね、メルボルンでは逆です。北の空に出るお日様は、北を向いて見ると右から左に動きます。

30年近くも住んでいるとそれが当たり前になっていますが、時々ふと違いが面白いなと思います。

現在私達が住んでいる家は、360度ぐるりと木に囲まれています。東の空は家の向きの関係で見えにくいのですが、西の空は一年中よく見えます。季節によってお日様がどの木の近くに沈むかが変わります。まるでストーンヘンジのようなんです。

昨日の夕方は良い天気でしたので、晩ご飯を作りながら西の空に沈むお日様を見て、沈む場所が随分動いたことに気づきました。つい先日はあの木の横だったのに、もうこの木のところまで動いたなあと。

日が長くなって来ています。まだまだ寒いですけど、春が近づいています。くしゃみが出始めました。


今朝は3時33分に目が覚めました。

もう一度眠ろうと思ったんですが眠れませんでした。そのうち4時半が過ぎましたから、もう起きるしかなくなりました。

うちの夫が勤めているツールショップ会社ですが、先日我が家から最も近い店舗の店長をしている人が辞めると聞いた夫は、転勤の希望を出したそうです。

以前はその店舗に勤める気はなかったのですけど、やはり目のこともあって夫も考えたのでしょう。このブログで何度も話題にした信頼しているスタッフのTさんが辞めるつもりだということも影響しています。

その店舗に勤めると、我が家から自転車通勤でも30分もかからないですし、近くのバス停から乗り換え無しでバスで行けます。

転勤させてもらえると私の睡眠問題にも大きな助けになります。

最近、自転車通勤をしなくなっているので私が毎日送り迎えをしているんですけど、早朝の運転が時々しんどいんです。寝不足がひどくて頭がフラフラする早朝に高速道路を運転するのは怖いのですよ

ガソリン代や高速道路の利用料金だってバカにまりません。

転勤させてもらえますようにと祈っています。


お帰りの前に1クリックを!