2021年1月18日

野菜食とうらやましい視力

先日、友人のエクリーさん夫婦と次女のCちゃんが晩ご飯を食べに来てくれました。

夫婦は昨年ヴィーガンになったのですが、奥さんの方はチーズを我慢できないと言って乳製品を食べ始めたものの、旦那さんの方は厳格なヴィーガン生活だと聞いていたので、私はヴィーガン料理を作りました。

ニンジン、レンコン、椎茸のちらし寿司には油揚げを甘辛く煮たのと枝豆を入れました。ヴィーガン餃子と誰かが来る度に必ず作るナスの味噌焼き。それにトマトとわかめのポン酢サラダ。

デザートは娘に頼みました。チョコレートムースを絹豆腐で作ると言うんですが、乳製品一切なしのオーガニック・ダークチョコレートはあまりに高額で、わずかな乳製品が含まれている可能性があるというダークチョコレートで我慢してもらうことにしました。

彼らはアレルギーがあるわけではないんですからね。

ところが、

やって来た彼らの話を聞くと、厳格なヴィーガン生活だったはずの旦那さんも、「ヴィーガン」から「植物性のものを中心に食べる食生活」に変えたと言うのですよ。食事の準備をするのが大変だということと、友人達と外で食事をする機会が多い自分のライフスタイルに合わせて、ヴィーガンではない人達との食事の際には何でも食べるようにしたのだと。

家でも毎日野菜だけを食べているわけではないそうで。

ところが、次女のCちゃんが現在は厳格なヴィーガン生活だと言うので、まあ私も野菜だけの料理を作って正解だったのですけど。

それはともかく、

次女のCちゃんは少し遅れて来ました。

私達が居間でおしゃべりをしていると、エクリーさんの奥さんが腕時計をチェックして「今家を出たところだからもうすぐ来るわよ」と言いました。

「メッセージがそれで読めるの?」
「そうよ、見せてあげましょうか?」

そう言って私に見せてくれたのは、Apple Watchでした。CちゃんからのメッセージがそのApple Watchの小さな画面に表示されていましたが、それを読んでいる彼女は老眼鏡もかけていません。

私なんて大きなiPhoneですら老眼鏡をかけないと何も見えないのに。

彼女は、私よりも確か2歳若いんですけど、それにしたって60歳が近づいているんですよ。近年は更年期障害でいろいろ苦労していると言いますが、そういう年齢なんです。そういう人が、老眼鏡無しであんな小さな画面に表示された細かい文字が読めるとは、もう信じがたいことです。

この人は、若い頃には牛乳ビンの底みたいな分厚い眼鏡をかけていたと言うほど強い近視だったそうです。

結婚後、手術で近視を矯正し、眼鏡なしの生活ができていたそうなんですけど、最近は老化によってだんだん視力が落ちてきたそうですが、近くのものを見るのには苦労しないんですって。だから老眼鏡を持っていません。

旦那さんの方も強い近視で同じように手術で矯正したそうですが、最近は眼鏡をかけています。近視用か老眼用かは知りませんが。

ウォーキングやサイクリングなど夫婦で身体を動かすことが好きなエクリーさん夫婦は、二人ともこのApple Watchを愛用しているそうです。家族が連絡を取り合うのに大変便利なんだそうです。腕時計式ですから、すぐにメッセージをチェックできるそうで。iPhoneと組み合わせると便利な使い方もあるそうですが。

Apple Watchか…

私には役に立たない道具です。見えませんからね。


お帰りの前に1クリックを!



2021年1月17日

ズッキーニはもうオシマイ

私の園芸経験からすると、ズッキーニというのは育てやすい野菜の一つだと思います。

特に何もしなくても、水やりさえちゃんとしていればぐんぐん育って、ゴロゴロとズッキーニができる。それも食べきれないほどできる。注意すべきは、たくさん植えすぎないこと。

ピーマンもインゲンもトマトもキュウリも、育てるのが難しい野菜ではないと思うんです。

レタスやコリアンダーは温度変化の影響を受けやすいという印象があります。メルボルンの天気は気温の上下が激しいので、ちょっと気温の低い日が続くとすぐに花を咲かせにかかって、ろくに収穫できないままシーズンが終わってしまうことがよくありました。

また、葉野菜は、メルボルンの夏につきものの「高温乾燥強風」の日に枯れてしまうという危険もあります。何度もそういう事がありました。日陰の気温が47度を超えて強風が吹き荒れたブラックサタデーの日には、 レタスやチャードが茶色い紙のようになってしまいましたからね。

野菜栽培に数年間取り組んでみた結果、私は夏場の野菜栽培はもうしないと決めたのでございます。暑いのが苦手な私は、毎日朝晩の水やりに辟易しましたし。

それを知ってもったいないと思ったのが、うちの娘。

せっかく大きな箱型野菜畑が2つもあるのに、そしてその箱型野菜畑に日が当たるのは夏だけなのに、夏に野菜を作らなくていつ作るんだと。

日照問題のことですけど、迷惑行為連発の北隣り家が我が家との境界に植えたヒノキが大きく育ったのと、他にも無数の大木があるのですけど、それらの木の陰になるもんですから、我が家の北半分には夏以外はお日様が当たらないのです。

それに箱型野菜畑は、家からかなり距離があるんですよ。

これまで園芸には関心を見せなかった娘が、突然自給自足を夢見るようになりまして、自分で苗を色々買ってきまして(というかオンラインで注文してそれを受け取りに行くにはお母さんがタクシーをしたんですけど)たくさん植えました。

そして、毎日水やりを欠かさず。

ところが、

ラニーニャ発生!

夏らしい天気になる日もあるんですけどね、真冬の天気にもなる。山の上では雪が降るほど気温が下がる。しょっちゅうそうなる。

今朝も気温は10度で、

ズッキーニは死にかけています。


2週間ほど前に撮った写真と比べると、もちろん全然大きくなっていませんけど、葉っぱの色が悪くなっています。

一番大きい株は、こんな有様。


気温高めの日に実がついても、その後にやって来る真冬の天気で実は腐る。

トマトはどれも育っていません。これまでのところ収穫はゼロです。

2週間前には少し実がなっていたんですけど、赤くなりかけていたのもあったんですけど、一昨日の雷雨の後、実は全て消えてなくなりました。


レタスはとっくの昔にアウトです。キュウリは苦戦中ですがまだサバイバル中で、先日小さくて曲がったのを2本収穫しました。インゲンは少しですけどひょろひょろ細々のを収穫できています。

昨晩、友人のエクリーさんが晩ご飯を食べに来た時に、この野菜栽培の話題になったのですが、彼女の畑もご近所さんの畑も似たような状況だそうです。最もダメなのはトマトだそうです。

娘の野菜栽培挑戦一年目は、出費と苦労に見合った収穫がない、非常に残念なシーズンになったようです。夏はまだまだこれからですし、来週にはまた暑くなるそうですが、その後また冬の天気になるのは確実ですし、はっきり言ってもうオシマイです。

農家の皆さんのご苦労をお察しします。


お帰りの前に1クリックを!



2021年1月16日

ワトル満開で春はすぐそこか?

メルボルンは、お正月明けに冬のような天気が続いた後、突然真夏の猛暑となって35度超えが数日続きましたが、昨日からまた涼しくなっています。

我が家の辺りでは、朝の気温は10度前後、日中は20度くらいという涼しさです。今朝は9度でした。

言っときますけど、

今は真夏です!

季節が日本の逆ですからね。

昨年の今頃は、激しい暑さと乾燥でヴィクトリア州では森林火災が深刻だったのですけど、今年は大きな火災は起きていません。

暦の上では真夏ですけど、今日なんてすっかり晩秋という感じです。

数日単位で目まぐるしく季節が変わる、こういう天気だと草木がボケても仕方がないわけでして、うちの近所のモミジの木は紅葉を始めています。黄色くなる木もあるんですけど、黄色くなって来ています。

うちの娘が植えた夏野菜は、さっぱりダメです。先日話題にしたズッキーニは腐ってしまいました。トマトは落ちました。

毎年ボケる我が家のワトルは、今のところ普通ですが、昨日見てしまったんです、私。

買い物に行ったイーストランド・ショッピングセンターのすぐ近くのワトルの木が、いっぱいつぼみをつけていて、今にも真っ黄色になりそうな気配なんです。そのうちの1本は、すでに満開で真っ黄色!

信号待ちの時に撮った証拠写真がこれです。


このブログでは度々話題にしていますが、ワトルの木が花を咲かせるのは通常は冬の終わりです。暖かい日が増えてくると、あの真っ黄色の花を咲かせて「春の到来を告げる」のです。

そして通常は、2週間ほど黄色い花粉を撒き散らして花の時期は終わるんですけど、

昨年うちのワトルの木は例年以上に大ボケして、秋が始まったばかりの3月に花を咲かせ始め、なんと8月まで5ヶ月間も花を咲かせ続けたのですよ。

草木が花を咲かせたり葉っぱの色を変えたりするのは、気温の変化と関係があるわけですよね。その仕組みの詳しいことは知りませんけど、気温が下がって日照時間が短くなると葉っぱへの栄養供給が減少するので、葉っぱが色づき落葉するんですよね。花を咲かせるのも温度と日照時間と草木が持つ化学物質の変化によるものだと思いますが、

メルボルンの草木は大変です…

一年を通して目まぐるしく季節が変わり続けるのですから。

さて…

昨晩は雹の混じった雷雨があって、今日は冬のように寒いので私はユニクロのもこもこのジャケットを着てこれを書いていますが、一週間もすれば再び気温も30度を超えて真夏の天気に変わるはずです。

盛大に花を咲かせて「春がきたぞー」と叫んだワトルは、その後どうなるのでしょうか。

今頃花を咲かせたら、冬の終わりの8月にはもう花は咲かせないのでしょうかね。まだ7ヶ月も先のことですけど。7ヶ月もあれば再び花を咲かせることができたりするんでしょうか。


お帰りの前に1クリックを!



2021年1月15日

味覚の個人差とチキンカツ

味覚に個人差があるのは、誰もが知るところです。

基本味とされる「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「うま味」に関しても、その感じ方には個人差が大きいということを、私は常日頃から痛感しております。

実は昨晩、私は久しぶりに「チキンカツ」を作りました。ある料理を作る予定で買っておいた鶏のむね肉が冷蔵庫に入ったままで、早く使わなくてはいけなかったので、カツにしたのです。揚げ物は家族に好評ですし。

案の定、仕事から帰宅した夫は、私が揚げ物をしようとしているのを見て、

「Deep-fry food、やったあ!」と叫んだくらいなのでございまして。

夫にとってのご馳走は、「肉を焼いたの」と「蒸し野菜」と「ポテト料理」のコンビネーションですから、昨夜の晩ご飯はまさに夫にとってはご馳走でした。

食べ終えた夫が言いました。

「ああ、美味しかったあ、トンカツ!」
「チキンです」
「え?ああ、美味しかったあ、チキンカツ!」
「これを豚肉だと思いましたか…」
「え?」

こういうことは日常茶飯事なのでしてね。

豚と鶏では味も食感も違うのに。

夫は、唐辛子の「辛味」には敏感ですが、それ以外の味については「美味しい」か「美味しくない」かの味覚レベルなのです。私が「ちょっと今日のコレコレは塩味が強すぎたな」とか「お酢が少し足りなかったな」なんて言っても、さっぱり理解できないのでございます。

味の違いを感じないんですから。

5つの基本味以外にも、人間が感じることができる「味」というのがいろいろありますが、中には感じ方が遺伝的に異なる場合もあるんですよね。

有名なやつでは、コリアンダーがあります。シャンツァイとかパクチーとか呼び名はいろいろありますが、あの野菜を「美味しい」と感じる人がいる一方で、石鹸のように苦くて吐き気をもよおす味と言う人もいます。味覚が生理学的に異なっているので仕方がないんだそうです。

様々な食品特有の味や、「苦味」や「えぐ味」なども、感じる能力に個人差が大きいそうです。私は一部の食品の「苦味」を非常に敏感に感じます。ゴーヤーという野菜は苦くて食べることができません。

特定の味覚物質を非常に敏感に感じる人もいれば、それを感知できない人もいる。我が家ではそれをしょっちゅう目撃するわけですけど、理解はしていても「この味が分からないのか」と驚かされます。

ちなみに、うちの夫は人並み外れた音痴なんですけど、正しい音程で歌えるのが当たり前の私には、なぜそうなるのか理解に苦しむのです。


味覚の敏感さというのは、日頃の食生活や、どのような食品を食べる社会に生きているかという民族的文化的なものも影響しているでしょう。とくに唐辛子の「辛味」に関しては、「よくこんなに辛いものを平気で食べられるな!」という人達がいますからね。

生のハバネロをおやつ代わりにポリポリ食べる南米の国の人達をテレビの番組で見たことがありますよ。取材に行った日本人が、もしかしたらそんなに辛くないのかもしれないと言って食べ、死にかけていましたからね。

味覚は、成長や老化によっても変化しますし、病気の影響もあったりします。

私は、ここ数年砂糖や塩を減らすことを心がけていましたら、以前よりも「甘味」や「塩味」に敏感になりました。お店で売っている食品が甘過ぎたり塩辛過ぎると感じますから、増々そうした加工食品を買わなくなっています。パン屋のパンですら塩辛過ぎると感じることがあります。

それにしても、チキンカツをトンカツと言った夫には、ちょっとあきれました。


お帰りの前に1クリックを!



2021年1月14日

猛暑と暖房と唐辛子ソース

先日気温が36度になった日に、晩ご飯を作るのが面倒くさいと献立を「さるそば」に決めた後、結局大汗をかきながら「かき揚げ天ぷら」を揚げた私ですが、

その翌日は更に暑くなりまして、その日は手巻き寿司にしました。

でも、手巻き寿司って、寿司飯を作るのも暑いし、具材の準備に結構な時間がかかります。刺し身なんて手に入らないんですからね(買いに行けば鮭の刺し身は手に入るけど)、ニンジンを茹でたり卵焼きを作ったり、我家の定番である鶏の照り焼きを作ったりと手間がかかるのでした。

翌日にはクールチェンジが来て涼しくなり、朝は気温が9度まで下がって寒いくらいだったのに、お昼過ぎから気温がぐんぐん上がり、最高気温は35度でした。

「晩ご飯、何にしよう…」
「私あれがいい。バーミチェリの上に野菜と甘辛いお肉を乗せて食べるやつ」
「ああ、あれね」

娘が言ったのは「Rice Vermicelli with Beef and Coleslaw」です。


ところが、あいにくライスヌードルが一人分しか残っていなかったので(誰かが使ったらしい)春雨を使うことにしましたから、乗せる野菜もコールスローではなくキュウリ、レタス、ニンジン、トマトと、春雨サラダ風にすることにしました。

お肉は牛ミンチしかなかったので、それを甘辛く炒めました。美味しそうな晩ご飯が比較的手早く完成しました。冷たいヌードル料理は、やっぱりいいですね。

さあ晩ご飯にしましょうとダイニングルームへ行きましたら、と言ってもキッチンのすぐ隣りですけど、

うわっ何この暑さ!

「こんな暑いとこじゃあ食べたくない!エアコン付けて!」

娘がエアコンを付けてくれました。

そして、涼しくなるのを待たずに私達は食べ始めたのですが、

しばらくして、

なんか変…

さっきよりも暑くなってる…

なんだか熱い風が吹いてくる…

エアコンだ!エアコンから熱風が吹いてくる!

リモコンをチェックすると、設定がいつの間にか冷房から暖房に変わっていました。誰かが間違えて変なボタンを押したに違いないのですけど。

サウナのようになったダイニングルームが涼しくなる頃には、晩ご飯は終わっていました。

それにしても、暑い日には「ざるそば」と「天ぷら」もいいですけど、甘辛くて酸っぱい味はいいですね。お肉も入っているし、野菜をたっぷり乗せましたから栄養もあるし、とにかくお腹いっぱいになります。お腹いっぱいになりますけど、半分は野菜です。

お肉をもっと辛くしてくれと娘は言いましたが、あまり辛くすると他の家族が美味しく食べられなくなりますから、あまり辛くはできません。娘は「Sriracha」という唐辛子ソースをいっぱいふりかけて食べていました。アジア風タバスコと行った感じのソース。こういうパッケージで、メルボルンではどこのスーパーでも売っています。


娘以外は誰も使わないソースです。辛いです。大瓶で買ってあります。

タバスコを大瓶で買ったら10年でも消費できませんよ。娘はね、とにかくいろんなものにこれをふりかけて食べるんです。味覚がどうにかなっちゃっていると思います。


お帰りの前に1クリックを!